フィクションかもね。

映画、小説、漫画の感想をざっくばらんに。百合とミステリとホラーが好き。

ひぐらしのなく頃に業『鬼騙し編』『綿騙し編』『祟騙し編』 ネタバレ感想③

 

fikusyon.hatenablog.jp

 

 前回の続き。

 今回は演出と今までの感想のまとめになる。

 ※例によって本作が好きな人は不快になる恐れがあるので注意。なお、旧アニメとの比較が多くなっているので、旧アニメが嫌いな人も注意が必要だ。

 

続きを読む

ひぐらしのなく頃に業『鬼騙し編』『綿騙し編』『祟騙し編』 ネタバレ感想②

 fikusyon.hatenablog.jp

 

 前回の続き。

 今回はストーリーや構造で気になったところを挙げていく。

 なお、原作・旧アニメのネタバレがかなり含まれるので注意。

 

続きを読む

ひぐらしのなく頃に業『鬼騙し編』『綿騙し編』『祟騙し編』 ネタバレ感想①

 

f:id:HASITAKA:20210116210203p:plain

 

 ひぐらしとの付き合いは長い。中学生の時に友人から勧められてハマって以来、いまだに好きな作品の上位に君臨している。

 十年以上の歳月を経てリブートするという話を聞いて、正直、「乗れないなぁ……」と思った。僕は原作ファンから割と不評な初期アニメ版も好きで、「あれでいいじゃん。そもそも、ひぐらしみたいなノリの作品を今更やるのはどうなんだ」と懐疑的な気持ちが強かった。

 で、実際に観てみてどうだったかといえば、「なるほどそうきたか!」と思える部分と「あーあ……」と思う部分の両方あった。

 今の段階だと「あーあ……」ってところが圧倒的に多い。まだ評価が上がる余地は残されているけどね。

 今のアニメ版を肯定して楽しんでいる人は、こんな偏屈者のブログは読まない方がいいですよ。

 

続きを読む

『 デンジャラス・プリズン 牢獄の処刑人』感想 誠実なバイオレンスに感涙!

f:id:HASITAKA:20210111175725j:plain

 

 暴力の伝道師、S・クレイグ・ザラー監督の二作目。

 この人、ひょっとして傑作しか撮れないの? エンドロールが流れた瞬間「おもしれー!!」と叫んでしまった。一人の作家にここまで耽溺するのはタランティーノ以来かもしれない。めちゃくちゃ嵌ってしまい、小説にまで手を出した。今から読むのが楽しみだ。

 例によってめちゃくちゃ人を選ぶ映画だった。残酷、ノワール、ゴアが苦手な人は絶対に観てはいけない。

 

続きを読む

『ブルータル・ジャスティス』感想 残酷暴力映画の新たな傑作!!

f:id:HASITAKA:20210109174548j:plain

 

 いや~酷い、酷すぎる(絶賛)

 超残酷でカタルシス0だった。おまけに独特の語り口で、めちゃくちゃ人を選ぶ映画に仕上がっている。

 まさかのオールタイムベスト級になったよ。

 ありがとう、S・クレイグ・ザラー監督。これから過去作全部観るよ!!

 

 

続きを読む

わたモテ(特別編)感想 ※クリスマス予定回

f:id:HASITAKA:20201224180508j:image

 

 わたモテの最新話を読むとき、僕は1ページに5分以上を費やしている。たっぷり味わいたい、というよりは、そのペースでしか読めないからだ。悶絶死しそうになるから。

 

 気持ち悪い妄想込みの感想が垂れ流されているので注意。

 

続きを読む